ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
生活者が企業に感じる魅力は購買金額にどの程度影響するのか
魅力度ブランディングモデルにおける企業の魅力36項目と,購買金額の関係性に関する調査・分析
末次 祥行
株式会社電通PR CCS局 次長
井上 大輔
株式会社電通PR CCS局
古口 敏道
電通マクロミルインサイトPDM推進室室長
発行 : 2019年10月31日
報告要旨 :
“企業の魅力は購買行動に影響するか”の研究論文を2017年の学会において発表したが,今年は“企業の魅力は購買金額にどの程度影響するか”について報告したい。今回,企業広報戦略研究所は電通マクロミルインサイトとともに,魅力度ブランディングモデルにおける企業の魅力を構成する36項目の“魅力”と“購買金額”に関する調査・分析を行った。調査においては,24企業の魅力の有無とその企業に感じた魅力36項目を回答させ,回答した人の日用消費財購買データも取得した。企業の魅力と購買金額の関係について分析を試みた結果,「企業の魅力は購買金額に影響する」という結果が,具体的金額データとともに算出できた。また,36の魅力項目を前回同様因子分析にかけた結果,「トラスト」「提供バリュー(クオリティ)」因子の中で,どの項目が特に購買金額に,どの程度影響するかも判明した。さらに個別企業で見てみると,「平均購買金額の高い層は,各企業で特徴がある」ということも判明した。
キーワード : 購買金額 企業の魅力 魅力度ブランディング


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member