ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
アイトラッキング調査による空港利用者の視認行動とサイン・広告注視行動のモデル化
利用者動線を生かしたサイン計画・情報メディア設計に向けて
梶川 忠彦
U'eyes Design
今村 文弥
同上
染谷 栄一
ADKマーケティング・ソリューションズ
発行 : 2019年11月26日
報告要旨 :
空港利用者はチェックイン,保安検査などいくつか手続き場所を時間制約がある中で移動する。移動動線は強制性,一様性が高くなり,手続き前後で緊張と開放が生み出されることが分かっている。利用者行動・心理が特徴的で共通性が高いという空港独自の価値を生かすことで,空港ならではの情報メディア活用を可能になる。(筆者らの空港利用体験に関する過去研究より)。
本研究では,空港利用者が移動中に施設内の案内サイン,広告をどのように視認しているのかを明らかにし,空港環境が広告注視に与える影響を考察した。
羽田空港第1旅客ターミナルビルを対象に,18名へ移動中のアイトラッキング調査,空港利用者450名へのアンケート調査を行い,移動中に配置された広告・サインへの注視時間・注視行動,広告想起率を計測した。
結果,保安検査内/外で案内サインの注視行動が大きく変容し,広告の注視行動へも影響をあたえていることが分かった。また,視認しやすい箇所に広告を複数配置し連動させることで,広告の注視時間・想起率が向上すること,接触回数を重ねるごとに注視時間が向上するという,広告効果への影響が確認できた。
キーワード : 空港 広告 注視時間 アイトラッキング OOH


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member