ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
InstagramおよびTwitterにおける利用実態について
大谷 光一
武庫川女子大学
発行 : 2019年10月31日
報告要旨 :
インターネットの進化に伴い情報伝達の手段が,進化し様々なコミュニケーションが生まれた。顧客行動を見ると商品をインターネットで比較検討し,購入後SNS(Social Networking Service)などを通じて情報発信する事例が見られるようになっている。個人が情報発信することによりオンライン上での「口コミ」や,オンラインコミュニティサイが誕生している。
今回は20代が広く活用しているInstagramとTwitterを対象にどのようにツールとして利用しているのか,アンケート調査を行った。調査により以下の事象が明らかになった。
・Instagramの利用率は91.3%,Twitterの利用率は97.8%だった
・Instagramのアカウント数の平均は1.94,Twitterのアカウント数の平均は3.71だった
・アカウントごとの用途として,グループごとにアカウントを分ける,趣味用のアカウントを利用している,自分のみのアカントとして別に設けるという回答が見られた
・Instagramで情報発信をしているのは43.4%,Twitterでは33.7%だった
・Instagramで商品購入を行ったことがあるとの回答が19.7%,Twitterアカウントで商品売買の経験があるとの回答は,11.0%だった
キーワード : Social Networking Service 購買行動 情報発信


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member