ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
Instagramにおける「発散型ストーリー」の投稿動機について
種橋 由夏
法政大学 経営学部 西川英彦研究室
内田 彩都
同上
増山 由羅
同上
発行 : 2019年10月31日
報告要旨 :
本研究は、Instagramにおける「発散型ストーリー」の投稿動機を明らかにすることである。背景として,近年InstagramはTwitterやFacebookに並び多くの利用者が存在し,利用方法も多様化している。その中で,「発散型ストーリー」とは,Instagramのサービスの一つ「ストーリーズ」機能を利用し,ユーザーが文章と画像・動画情報を用い,心情を吐露する投稿のことである。
先行研究では,人々がInstagramを使用する動機は「監視」「ドキュメンテーション」「クールネス」「創造性」の4つあると明らかにした(Pavica Sheldon 2016)ものの、近年の大学生のInstagramの利用傾向として,「発散型ストーリー」の投稿動機は先行研究の4つの動機に当てはまらず、新たな動機を明らかにする必要があると考えた。
その動機を,GTA(グラウンデッド・セオリーアプローチ)を用いて検証する。調査に使用する質的データは,「発散型ストーリー」投稿経験のある大学生へのインタビュー,「発散型ストーリー」の観察を通して収集し,理論の構築を目指す。
キーワード : Instagram SNS GTA


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member