ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
フリーミアムモデルにおける効果的なサービスプランの設計
「安価」よりも「安心」を訴求するカスタマイズプランの効果
池田 怜央
青山学院大学 経営学部マーケティング学科
高見 ひかり
同上
清藤 沙羅
同上
宮部 紅子
同上
発行 : 2019年11月26日
報告要旨 :
価格と消費者の選択意思決定において、3つの選択肢が提示された場合に中位を選択する「松竹梅効果」や、無料であることに強く惹かれる「ゼロ円効果」といった効果が働くことが指摘されている。
定額制サービスでは、無料と有料で利用できるサービスの範囲を分けた「フリーミアムモデル」と呼ばれる収益モデルがある。このモデルにおいて松竹梅効果を期待した価格を設定しても、選択肢に「ゼロ円」が含まれるため中位の「竹」よりも0円の「梅」のほうが選ばれやすいと考えられる。
しかし、「ゼロ円」を選択していても無料であることに懐疑心を抱く消費者の存在が想定される。そこで新たな選択肢として、消費者自身でカスタマイズ可能なプランを設けると知覚コントロールが高まり不安が軽減され、「ゼロ円」よりもカスタマイズプランが選択されやすくなると考えた。本研究では、カスタマイズプランの存在によるプランの選択確率の変化とその原因について、定額制サービスを題材に実証兼研究を行う。本研究結果は、定額制サービスの新規客獲得と収益性におけるカスタマイズプランの意義を示すものである。
キーワード : 松竹梅効果 ゼロ円効果 フリーミアム カスタマイズ 知覚コントロール


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member