ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
超然消費 ― 貧困時代の幸福に潜む消費価値観
木野 将人
株式会社東急エージェンシー
田村 知子
同上
高橋 望
株式会社クロス・マーケティング
水師 裕
武蔵野美術大学
発行 :
報告要旨 :
 拡大を続ける我が国の”相対的貧困”の問題は現下、福祉行政の観点を中心とした議論に留まっている。一方、ビジネスの観点からは、増加を続ける「相対的貧困層」を改めて”消費者”として捉えなおした議論こそ重要であろう。
 この観点に立った上で、我々は「相対的貧困層に対し、消費を通じた幸福をいかに提供しうるか」を主要な問題認識として研究を進める。
 
 橋本(2018)によれば、相対的貧困層においては”男性”よりも”女性”において生活満足度が高く、消費行動、特に余暇活動なども活発であるという。我々は、以上に着目し、相対的貧困女性における「生活満足度」と「余暇活動」の関係を明らかにするべく、時系列調査データを用いた検証、及び、オンラインインタビュー調査を行った。
 
 その結果、相対的貧困女性における生活満足度は、「経済的競争」の価値観から逸脱した、特有の「脱経済的で超然とした価値観」と結びついている点。また、こうした脱経済的な自己を拡張(Belk 1988)させるべく「美術、芸術鑑賞」といった経験財を好んで消費する傾向がある点が分かった。
 我々は、この価値観による一連の消費を「超然消費」と名付けている。
キーワード : 相対的貧困 アンダークラス アイデンテティと消費 ラッセル・ベルク


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member