ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
見ている商品を自分と似た人が買うと、より欲しくなる?
商品の減少における消費者間の類似性が購買意図に与える影響
加藤 歩
法政大学 経営学部 経営学科 学生
小谷野 綾也
法政大学 経営学部 経営学科 学生
井上 莉子
法政大学 経営学部 市場経営学科 学生
発行 :
報告要旨 :
ある商品の入手が困難である時,その商品の魅力や価値は高まる(希少性効果)。また希少性効果による好ましさの増大は,商品のリアルタイムの減少(他者の需要)に強い影響を受けて発生する。このような需要に起因する希少性は,商品の人気と品質の推測を増加させる。またインターネット上のクチコミでは,ある商品を購入した他者の年齢や性別といった属性が,自身と共通している(類似性がある)場合,同様に品質の推測が増加する。つまり,商品の希少性と消費者間の類似性は品質の推測を引き起こすという点で共通している。本研究ではこのような着想に基づき,商品の減少と併せて「性別」と「年代」という消費者間の類似性を提示することによって生じる,さらなる購買意図への影響を実験によって解明した。その結果,商品の減少と併せて,「年代」の類似性を提示することは,購買意図をさらに高めるが,「性別」の類似性の提示には効果がないことが明らかになった。よって,希少性効果を活用して商品価値を増大させる際には,商品の減少と併せて消費者に「年代」の類似性を知覚させることが有効であると示唆される。
キーワード : 品質の推測 減少的変化 バンドワゴン効果 魅力評価


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member