ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
ソーシャルマーケティングの原則・概念・技法からみた日本におけるCOVID-19対策の課題
大森 寛文
明星大学 経営学部 教授
発行 :
報告要旨 :
ソーシャルマーケティングは,Kotler and Zaltman(1971)に端を発し,その定義の曖昧さから混乱が生じた時期もあった(Andreasen,1999)が,その後の理論研究や事例研究の蓄積が深まりつつある(French et al. ,2009)。とりわけ健康改善行動,傷害防止行動,地域貢献行動,環境保護行動などに適用されて,効果を発揮してきた(Truong,2014)。2017年にはソーシャルマーケティングのグローバル・コンセンサスとして,その原則・概念が収束をみせている。
一方,COVID-19の世界的流行が人々に脅威を与えている。世界的にはソーシャルマーケティング研究者が積極的に情報発信しているが,日本ではほとんど見受けられない。
そこで,本報告では,ソーシャルマーケティングの原則・概念・技法からみた日本のCOVID-19対策の課題について考察する。中でも,地域を主軸としたセグメント化,アップストリーム・ミッドストリーム・ダウンストリームの連続性の確保,SNS等双方向コミュニケーションの必要性等を中心に議論する。
キーワード : ソーシャルマーケティング COVID-19 ミッドストリーム 地域セグメンテーション 双方向コミュニケーション


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member