ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.5 
具体的事例に基づくイノベーションマップ作成の試み
竹中 薫
(株)U’eyes Design 研究員
田平 博嗣
株式会社U’eyes Design 専務取締役
発行 : 2016年10月12日
報告要旨 :
 昨今,関心が高いイノベーションについては,解釈が人によって大きく異なり,そのイメージは多様である.そのため,商品の企画や開発の段階において,ステークホルダー間の意識の相違が問題になることが多い。
 そこで本件では,各種文献や論文を参考に,イノベーションの定義を構造化し,そこに具体的な事例をマッピングした「イノベーションマップ」を作成した。
 このイノベーションマップにより,各企業が目指すイノベーションとは,具体的にどのようなイノベーションなのかについて,コンセンサスを合わせることが容易になる。
 イノベーションマップの作成にあたっては,市場の変化,変化の度合い,変化の対象の3つの切り口に着目した。
 市場の変化は「持続的」と「破壊的」と定義し,変化の度合いについては,持続的には「漸進的」と「革新的」があり,破壊的には「ローエンド型破壊」と「新市場創造型破壊」があると定義とした。また,変化の対象を「プロセス」,「プロダクト&サービス」,「コンテクスト」の3つとした。
 以上の観点で,製造業およびサービス業におけるイノベーションの具体事例を適切にマッピングすることが可能となった。
キーワード : イノベーション プロセスイノベーション プロダクト&サービスイノベーション コンテクストイノベーション


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member