ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
物質主義が強い消費者にサブスクを利用してもらうには?
消費者マテリアリズムと心理的所有感が音楽サブスクリプションサービスの評価に及ぼす影響
野村 拓也
学習院大学大学院 経営学研究科
權 純鎬
早稲田大学 商学学術院 助手
須田 孝徳
早稲田大学大学院 商学研究科
発行 :
報告要旨 :
 本研究の目的は,アクセスベース消費に対するマテリアリズムと心理的所有感の影響メカニズムを明らかにすることである。
 サブスクリプリョンやシェアリングといったアクセスベースのサービスが急速に増え,注目を集めている。今後さらなる普及が予測される一方で,物理的なモノへのこだわりが強い消費者や,他者とのモノの共有に抵抗感がある消費者のサービス利用を促進することが実務的課題になると考えられる。このようなパーソナリティを持つ消費者は「マテリアリズム」の度合いが高いとされ,シェアリングサービスの利用意向が低くなるという調査結果が報告されている。しかし,高マテリアリズムな消費者のサービス利用を促進する方策はまだ十分に明らかになっていない。他方で,アクセスベースのサービスの評価を高める施策として,「心理的所有感」を高めることが有効とされ,その効果や先行要因を明らかにする研究が増えている。
 以上の先行研究を踏まえ,モノの所有や占有に対してより敏感である高マテリアリズムな消費者は,心理的所有感の知覚や効果もより高くなるという仮説を設定し,音楽サブスクリプションサービスを対象とした定量調査を実施した。
キーワード : アクセスベース消費 サブスクリプション マテリアリズム 心理的所有感


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member