ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.6 
複数のソーシャルメディアを連携させ“ソーシャル・プリマコネクト”概念に基づいたマーケティングの提案
比留間 彩
東京工科大学 メディア学部 学生
上田 彩
東京工科大学 メディア学部 学生
村上 貴彦
東京工科大学大学院 博士後期課程
上林 憲行
東京工科大学 メディア学部 教授
発行 : 2017年10月12日
報告要旨 :
本研究ではTwitterとInstagramを連動させ、拡散・伝播力のあるフォロワーに着目した新たなデジタルプロモーション方法を提案する。
提案するプロモーション方法には2つの特徴がある。
1つは、SNSの特徴を活かし、相補的に活用することである。本研究では、主にTwitterとInstagramを活用する。Twitterは、リツイートによる口コミ的コミュニケーションによって拡散力や認知度などに強みがある。対してInstagramは、画像や写真に特化したSNSであり、商品やサービスのイメージや世界観を直接的に伝えることができる。Twitterは拡散装置として、Instagramは宣伝塔としての役割を果たす。
次いで、“ソーシャル・プリマコネクト“(以下SPC)という概念を提案する。これは、目的のターゲットに対して影響力のある人である。SPCを発見・育成することで、ターゲット層への窓口とし、獲得できたネットワークをSNSの相補的な連動に反映することで、新たなSPCやそのネットワークを獲得できる良いサイクルを作ることができると考える。
本研究が提案するプロモーション方法については、実際のアカウントの分析結果を報告する。
キーワード : ソーシャル・プリマコネクト Twitter Instagram SNSの相補的連動 ディジタルマーケティング


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。