ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.6 
聴覚アテンションを基軸とした広告サービスの実践研究
柳田 隼佑
東京工科大学 メディア学部 メディア学科
妹尾 千勢
同上
横山 誠
東京工科大学大学院博士後期課程
上林 憲行
東京工科大学 メディア学部 教授
発行 : 2017年10月12日
報告要旨 :
本研究は「聴覚」に着目した広告サービスの実践研究である。
近年,インターネット広告に対する嫌悪感を抱く生活者が増加している。その1つの理由として,生活者が利用するコンテンツと一方的に配信される広告がスマートフォンの画面上で混在している点が考えられる。対策として,広告を全面的に排除する広告ブロックサービスがある。しかし,広告ブロックサービスによって生活者に広告が閲覧されなくなると,広告主にとっては広告を生活者に配信できなくなる。生活者にとっては,有用な広告であっても閲覧できなくなる。媒体社にとっては,広告収入の減少により無料サービスを有料化せざるを得ない可能性がある。そこで,広告を排除するのではなく,広告と生活者が共存可能な道の実現を目指した。具体的には,広告からテキストを抽出して読み上げることで,広告とコンテンツの視覚的な競合を無くし,生活者の情報収集と広告主・媒体社の広告配信を両立させるサービス「Ad Audio」を提案・実装・評価する予定である。
キーワード : インターネット広告 聴覚 広告ブロック


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member