ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.6 
新製品・サービス開発におけるトライブ(先進的な生活者)活用法の試み
宮井 弘之
㈱博報堂(兼)㈱SEEDATA
藤井 陽平
同上
岸田 卓真
㈱SEEDATA
小尻 恭平
㈱SEEDATA
宮下 英大
㈱SEEDATA
伊藤 望
㈱SEEDATA
発行 : 2017年10月12日
報告要旨 :
 近年、デザイン思考に対する関心の高まりによりIDEOやFrog designなどのデザイン系コンサルティング会社の提唱するエクストリーム・ユーザー・リサーチ(EUR)に注目が集まっている。エクストリーム・ユーザーとは、ある製品カテゴリやテーマに関して強い関心や思い入れを持っている人たちである。EURは、既存の平均的なユーザー・リサーチからは得にくい新規性あるコンセプト開発につながると言われている。一方で3Mを中心に用いられてきたリード・ユーザー法など、新製品やサービス開発プロセスを高度化しようとする試みは過去に存在している。しかしながら、これら様々な手法を俯瞰的かつ批判的に検討・検証しようとする試みは数少ない。
 そこで本件では、EURを含めた技法を俯瞰的に検討した上で、筆者らの新製品・サービス開発実務から得られた問題意識に基づいた技法であるトライブ(先進的な生活者)活用法を提案し、その有効性と課題を検証する。この試みにより、様々に存在する新製品・サービス技法の特徴を概観し、各技法の有効性と課題を検討するための枠組みを提示する。
キーワード : プロダクト&サービスイノベーション リード・ユーザー法 トライブ エクストリーム・ユーザー


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member