ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.6 
トモダチ効果で,人は笑顔になれるのか?
訪日外国人との事前コミュニケーションによる効果
町田 大河
法政大学 経営学部
白崎 龍弥
法政大学 経営学部
発行 : 2017年10月12日
報告要旨 :
 近年,訪日観光客が増える中,観光客が当日案内するガイドと事前にチャットでコミュニケーションを取り,ガイドサービスを提供するHuberが注目される。本研究の目的は,こうしたサービス提供者と受益者による,オンライン上での事前コミュニケーションがもたらす効果を明らかにするものである。事前に友人のようになる効果を「トモダチ効果」と呼ぶ。
 この効果の解明に向けて,「一貫性の論理」(Fazio 1992; Cialdini 2004)を援用する。一度行った決定・行動がその後の意思決定に一貫性を持たせ,意思決定の質を高めるものである。「The Foot-The-Mouth Effect」(Howard 1990)が,その代表である。要件を依頼する前に挨拶をし,相手に「I’m fine」などの前向きな返答をさせることによって一貫性理論が働き,その後の依頼を承諾する確率が上がるというものである。
本研究では,実際の訪問客の事後のコメントや評価データを,事前コミュニケーションがある場合とない場合を比較して,トモダチ効果について定性・定量的に実証する。
キーワード : 事前コミュニケーション 一貫性の理論 The Foot-The-Mouth Effect トモダチ効果


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member