ニュースリリース

第84回マーケティングサロンレポート
「ストライプインターナショナルのイノベーション」

第84回 マーケティングサロン:東京・嶋口・内田研究会
「ストライプインターナショナルのイノベーション」
日程:2018年12月19日(水)19:00-
場所:早稲田大学 早稲田キャンパス 11号館 5階
ゲスト:株式会社 ストライプインターナショナル 代表取締役社長 石川康晴 氏
 
【ゲストプロフィール】
石川康晴氏1970年岡山市生まれ。岡山大学経済学部卒。京都大学大学院経営学修士(MBA)
94年、23歳で創業
95年クロスカンパニー(現ストライプインターナショナル)を設立
99年に「earth music&ecology」を立ち上げ、SPA(製造小売業)を本格開始
現在30以上のブランドを展開し、グループ売上高は1,300億円を超える
公益財団法人 石川文化振興財団の理事長
現代アートの国際展覧会「岡山芸術交流」総合プロデューサー
地元岡山の文化交流・経済振興にも取り組んでいる
 
【サロンレポート】
若かりし頃の苦労話
 岡山で産声を上げたストライプインターナショナル。旧名:クロスカンパニー。創業当時の店舗の写真を交え、若かりし頃の話を披露。「直前のミーティングで「ずっと一緒に頑張ります」と忠誠を誓ってくれた店長が「明日辞める」と書いたメモをレジ下から発見し、激しく自戒した」。苦い経験を熱く語ってくださり、会場の空気は石川社長のトークに染まっていきます。
 
飛躍へのマーケティング
 アースミュージック&エコロジーのCM戦略について言及。2010年3月 宮﨑あおい氏を使った「印象に残り、検索させるCM」で流行に敏感な世代へ一気に浸透することに成功する。翌年売り上げを激増させ、CMをシリーズ化。躍進のフェーズへ移行する。
 
新規事業への挑戦と過去との決別
 2015年アパレルのあり方を問うチャレンジ「メチャカリ事業」開始。その翌年、過去の成功体験と決別するために社名を変更。自由と革新と象徴するフランスの国旗に見立てた「ストライプ」とした。
会場では美しいストライプを多用した自社のイメージ動画を披露。石川氏の「ストライプ」の文字にかける意気込みを伝える。
今年度から来年度にかけてCMの大幅改変を行い、ターゲットをリセット。ホテル事業に新規参入するなど、新たなチャレンジが目白押しであることを伝え、会を終了した。
 
【サロンを終えて】
 何度も悩み、そして新しいチャレンジをし続ける石川社長の「思い」「熱量」が会場に伝わりました。自分を否定する力をもっている方でその経験をバネに次へ飛躍する。もう進むべき方向は決まっていて、あとは実行。2019年から新CMも始まり、今後のストライプさんの動向を見るのが楽しみに感じる、そんな講演会でした。石川社長、コーディネーターの李さん。ありがとうございました。
 
(文責:間世田 淑子)

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member