ニュースリリース

嶋口・内田研究会に無料ご招待
「スポーツマネジメントにおける
理念の重要性」

嶋口・内田研究会に無料ご招待
 
「スポーツマネジメントにおける理念の重要性」
株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング 代表取締役 村山 哲二 氏
2014年9月26日(金)19:00より
於:社団法人日本マーケティング協会
共催:日本マーケティング学会

 

 現在、マーケティング学会と、嶋口・内田研究会は、学会プログラムとの統合を検討しています。嶋口・内田研究会とは、学会評議員の嶋口充輝氏(慶應義塾大学名誉教授)を中心とし、学会副会長の内田和成氏(早稲田大学商学学術院教授)を代表幹事とし、1984年以来200数十回以上続く、社会人が集う勉強会です。統合に向け、学会員の皆さまを無料で招待いたします。ぜひ、ご参加ください。

 

【テーマ】
「スポーツマネジメントにおける理念の重要性」

 

【ゲスト】
株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング 代表取締役 村山 哲二 氏
 

 四国にプロ野球の独立リーグができて10年。最大で18チーム存在した独立リーグ球団は現在、13チームに留まる。未だにプロ野球独立リーグというスポーツ文化が日本で根付いていない中で、ルートインBCリーグは2007年に4球団で開幕して以来、来シーズンは8球団となる。運営の根幹をささえるリーグの理念である「BCリーグ憲章」の実践を通じて、理念の重要性と地域社会で為すべきミッションに迫ります。
 
<村山氏プロフィール>
 プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」の代表。広告代理店時代にアルビレックス新潟の営業担当として、プロモーション活動、クラブスポンサーサンクスデーの企画、J1昇格・優勝パレードの企画等を担当し、プロスポーツを通じた地域の活性化を現場で体験する。
 アルビレックス新潟会長であり、bjリーグ会長でもある池田弘氏、そして駒沢大学の先輩である石毛宏典氏との出会いによって野球事業の起業を決意し、2006年7月、株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティングを設立、代表取締役に就任。
 
講師著書「もしあなたがプロ野球を創れと言われたら」ベースボール・マガジン社にて販売中。
 
<ルートインBC(ベースボール・チャレンジ)リーグの概要>
 2007年にスタートした、国内2例目のプロ野球独立リーグ。
 新潟、長野、富山、石川の北信越4県を舞台として、2007年4月に「北信越BCリーグ(旧称)」が開幕。2008年シーズンからは群馬、福井の2球団を新たに加え、リーグ名称を「BCリーグ」に変更し、6球団で運営される。2014年からは、福島・熊谷に球団が加わり8チームで運営される。
 ルートインBCリーグの設立目的は「野球事業を通じて地域社会に貢献すること」。地域貢献活動を球団に義務づけており、地域の子供達のためのプロ野球を創る。

 

【日時】
2014年9月26日(金)19:00-20:30(受付開始18:30~)

 

【場所】
社団法人日本マーケティング協会
住所:東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F >MAP

 

【参加費】
無料

 

【定員】
先着70名

 

【応募締切】
2014年9月22日(月)

 

【お願い】
*お申込み後、キャンセルはできませんのでご了承ください。

 

お申し込みは終了しました

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member