ニュースリリース

嶋口・内田研究会に無料ご招待
「マーケティングROI」

嶋口・内田研究会に無料ご招待
 
「マーケティングROI」
プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー株式会社 Director of Strategy 岸本 義之 氏
2015年2月23日(月)19:00より
於:公益社団法人日本マーケティング協会 東京本部
共催:日本マーケティング学会

 

 現在、マーケティング学会と、嶋口・内田研究会は、学会プログラムとの統合を検討しています。嶋口・内田研究会とは、学会評議員の嶋口充輝氏(慶應義塾大学名誉教授)を中心とし、学会副会長の内田和成氏(早稲田大学商学学術院教授)を代表幹事とし、1984年以来200数十回以上続く、社会人が集う勉強会です。統合に向け、学会員の皆さまを無料で招待いたします。ぜひ、ご参加ください。

 

【テーマ】
「マーケティングROI」

 

【ゲスト】
プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー株式会社 Director of Strategy 岸本 義之 氏
 

 マーケティングROIという言葉は2000年ごろから米国で多く使われるようになった言葉です。大きな支出を伴うことの多いマーケティング施策がどのような成果(投資対効果)を上げたのか測定できなければ、CFOが支出を承認しないというようになってきました。その動きに拍車をかけたのが、インターネットの興隆です。消費者は、必要なときにはネットで情報をとるようになり、マス広告には反応しなくなってきました。
 但し、日本では、まだマス広告中心の活動が多く、マーケティングの効果測定を行うことには消極的な状況が続いているようです。本講演では、マーケティングROIが注目されてきた背景と、マーケティングROIの計測・利用方法の一端を紹介します。

 
<岸本氏プロフィール>
 20年以上にわたって、金融・サービス・自動車・消費財・小売などの業界のマーケティング領域のコンサルティングに多く従事してきた。
 金融機関に対してはリスク管理とマーケティング、サービス産業においては顧客リレーションシップ管理、自動車産業においては顧客行動の理解に基づく施策管理、消費財・小売においてはマーケティングROIの改善など、財務的・定量的観点からのマーケティング戦略立案を支援している。
 
 マッキンゼー(マネジャー)を経て現職。
 著書に「メディア・マーケティング進化論」(PHP研究所)、「金融マーケティング戦略」(ダイヤモンド社)、共・監訳書に「マネジメントの世紀」(東洋経済)、「マーケティング戦略論」(ダイヤモンド社)、などがある。
 
 東京大学経済学部卒業、米国ノースウェスタン大学ケロッグ校MBA、慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程修了 博士(経営学)。早稲田大学大学院商学研究科客員教授を兼務。

 

【日時】
2015年2月23日(月)19:00-20:30(受付開始18:30~)

 

【場所】
公益社団法人日本マーケティング協会 東京本部
住所:東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F >MAP

 

【参加費】
無料

 

【定員】
先着50名

 

【応募締切】
2015年2月16日(月)

 

【お願い】
*お申込み後、キャンセルはできませんのでご了承ください。

 

参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member