オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.6 
ドラッグ・リポジショニングにおける価値の再定義
冨田 健司
同志社大学 商学部 教授
発行:2017年10月12日
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
 新薬開発は長期の期間と多額の資金を要するにも関わらず,成功確率はきわめて低く,特に近年,新薬の創出は困難になっている。そうしたなか,ノーベルファーマ社は毎年,コンスタントに新薬を発売しているため,本研究ではその新薬開発行動に目を向けた。すると,従来の開発方法とは異なるドラッグ・リポジショニング戦略をとっていることが分かった。この戦略の利点として「開発コストの大幅な削減」,「開発期間の短縮化」,「成功確率のアップ」,そして「継続的な成功体験の蓄積が組織にもたらす効果」といった4点を指摘することができる。
 このドラッグ・リポジショニングをオープン・イノベーションの枠組みで考えると,ライセンス・イン(導入)の形態となるが,これまで製薬産業で行われている形態とは異なる。これは既に上市済みの薬から,新しい効能を見つけ出し,別の薬として販売することなのである。他社で使用中の物質特許を使用するが,同じ形で販売するのではなく,価値の再定義を行うこととなる。薬のような知識商品の場合,累積性と状況依存性といった性質が知識にはあるので,価値の再定義を行いやすい。
キーワード : 新薬開発 オープン・イノベーション 知識商品
ページ : pp.108-119
ファイルサイズ : 1,610KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member