リサーチプロジェクト
研究報告会レポート

第8回地域活性化マーケティング研究報告会レポート「ワイス・ワイスの地域活性化とエシカルビジネスの取り組み」

第8回地域活性化マーケティング研究報告会

テーマ:「ワイス・ワイスの地域活性化とエシカルビジネスの取り組み」
報告者:株式会社 ワイス・ワイス 代表取締役社長 佐藤 岳利 氏
日 程:2015年10月27日(火)19:00-20:30
場 所:株式会社ワイス・ワイス本社 2階

 
 

【報告会レポート】
 ワイス・ワイスは、2008年に「グリーン・プロジェクト」宣言を行い、日本国産材と海外フェアウッドの使用、トレーサビリティにこだわった家具インテリアの制作・販売を業界に先駆けて取り組んでいる。特に、宮城県栗駒山のスギ、宮崎県諸塚村のクヌギ、宮崎県どんぐり村の椅子づくり、北海道のシラカバなど全国各地の材木を活かしたインテリアや内装事業などで日本の林業の育成や製材技術の継承などに注力するとともに、「ワイス・ワイス・ツールズ」という日本の民芸やお茶など地域食材を取り扱うショップも展開し、地域とつながる活動を様々に行っている。
 そのワイス・ワイスの事業スタートから現在までの活動を、佐藤社長ご自身から語っていただいた。中でも他社に先駆けて国産材と海外フェアウッドの使用や、トレーサビリティにこだわったエシカルなものづくりが評価され始め、そのポリシーを貫いたことで近年、指名で選ばれるようになったこと、家具づくりを通じた様々な林業産地の方々との接点が、小学生との定期的で長年の交流などソーシャルな活動にしだいに発展したことなど大変興味深い内容だった。
 また今回の研究会は、表参道に立地する同社本社オフィスで開催したことで、参加者がその製品事例にも直接に触れながら、報告内容を実感でき、大変充実した研究会となった。
⇒ワイス・ワイスHP:http://www.wisewise.com/
 
ワイス・ワイス佐藤社長 懇親会風景
写真左から、ワイス・ワイス佐藤社長の事例報告、懇親会風景
 
【報告会を終えて】
 林業は100年という長い時間がかかるビジネスであり、長期視点で未来をみて現在から取り組むものであると佐藤社長が語られた。地域活性化の取り組みもまさに、長期視点で次世代につないでいくものである。決して一時的な話題やイベント集客でないと、改めて認識した。
 佐藤社長の若い時からの思い、様々な困難を越えて今あることを時系列でお話しいただき、温かいお人柄の伝わる会となった。ワイス・ワイスの皆様には、会社の会場のご提供や懇親会のアレンジまで大変お世話になりました。誠にありがとうございました。
(プロジェクトリーダー:宮副謙司)

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member