リサーチプロジェクト
研究報告会レポート

第5回 エフェクチュエーション研究報告会レポート「戦略人事とエフェクチュエーション」

第5回 エフェクチュエーション研究報告会 > 研究会の詳細はこちら
テーマ:「戦略人事とエフェクチュエーション」
ゲスト:曽山 哲人 氏(株式会社サイバーエージェント取締役 人事統括)
日 程:2017年9月25日(月)18:00-21:00
場 所:株式会社デンソー東京支社「集」
 

【報告会レポート】
 エフェクチュエーション研究報告会の第5回では、『強みを活かす』(PHPビジネス新書)『クリエイティブ人事』(光文社新書)などの書籍で知られる、株式会社サイバーエージェントの曽山哲人氏をゲストに招き、プロトコール分析の実演なども行いながら、戦略人事の実践においてエフェクチュエーションの行動原理が、なぜ、どのように必要となるかについての議論を闘わせました。
 曽山氏からは、「サイバーエージェントの社内ベンチャー人事制度」と題してご講演をいただき、サイバーエージェントの優れた社内制度のご紹介をいただきました。サイバーエージェントは、M&Aに頼らず、社内からの新規事業で急成長を生み出すことを重要視してきた会社です。そのなかで編み出された社内ベンチャーを活性化するための数々の制度が、どのような創意工夫のなかから生まれてきたのかを、失敗談なども交えながら、お話しいただきました。
 曽山氏自身もエフェクチュアルに動きながら、社内制度をつくってきた人物だということができます。講演後には、曽山氏のエフェクチュエーター度を測定する実験に参加いただく等、誰でも彼でも被験者にしてしまう当研究会の悪のり(?)にも、楽しみながら、かつまじめにご参加いただきました。
 今回の報告会は、企業内でのエフェクチュアルな行動をいかにうながすか、そしてそのための制度をいかに構築するかという、エフェクチュエーション研究のフロンティアに踏み込む内容となりました。また「イノベーターは、壮大なことを語りつつ、やることは愚直な人」といった問題の二面性を踏まえた多彩な実践についても、事例を踏まえて理解を深めることができた報告会でした。
 
会場の様子
会場の様子

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member