オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.11 
スタートアップにおけるインターナルブランディングの役割
ブランド・リーダーシップとブランド理念を中心に
伊藤 佳代
社会保険労務士法人ソーケム 代表社員
陶山 計介
関西大学 名誉教授
発行:2022年11月11日
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
インターナルブランディングは,従業員の“Living Brand”(ブランド体現),企業のブランド理念,ミッション,バリューへの共感を通じてその成長とエンゲージメントを実現して企業のパフォーマンスとブランド力を高める管理ツールである。本報告はフィンテックサービスのスタートアップを取り上げ,その飛躍的な成長を実現してきた要因を抽出した。スタートアップでは,アントレプレナーシップをもつ強力なブランド・リーダーが,時代を反映したブランド理念であるビジネス価値と社会価値を掲げ,従業員に企業文化を共有させるブランド主導型HRMやブランド・コミュニケーションによって自己の課題を自律的に課題解決するブランド・コミュニティの構築などの推進が必要であることを明らかにした。
キーワード : アントレプレナーシップ 企業ブランド ブランド理念 HRM コミュニケーション
ページ : pp.179-186
ファイルサイズ : 960KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member