ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
健康行動とCOVID-19流行前,流行初期における購買の特徴および変化について
塩田 藍
同上
山内 慶太
慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科
発行 :
報告要旨 :
 COVID-19は日常生活に大きな変化をもたらし,購買内容にも影響を与えていると考えられる。本研究の目的は健康行動とCOVID-19流行前,流行中の購買の関連性を検討することである。
 健康行動はCOVID-19流行前に取得したデータを潜在クラスモデルにて類型化し,購買特徴はCOVID-19流行前と流行中のデータを潜在ディリクレ配分法によりtopicを生成した。
 健康行動は男女ともに積極的,受動的,乏しい,3タイプに類型化された。購買特徴は時期,性別に関わらずインスタント食品topicが生成されたが,他のtopicは異なっていた。健康行動と購買topicの関連は,男性は受動的タイプがCOVID-19流行中に衛生用品を多く購入した傾向がみられ,女性は積極的タイプが時期に関わらず生鮮食品を多く購入し、インスタント食品の購入は少なく,乏しいタイプはその逆の傾向がみられた。女性の積極的タイプはCOVID-19流行前から流行中にかけてインスタント食品topicから他topicへ移行しやすいという結果が示された。
 本研究から健康行動により購買特徴、移行のしやすさが異なる可能性が示唆された。
キーワード : 健康行動 購買 COVID-19


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member