ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
価格の回数的リフレーミング
「回数」でもリフレーミングは成立するのか?
梶田 真衣
法政大学 経営学部
倉持 功喜
同上
佐々木 夏穂
同上
発行 :
報告要旨 :
本報告の目的は、回数的リフレーミングの効果を明らかにし、時間的リフレーミングと比較することである。

時間的リフレーミングとは、販売価格を時間的な単位で連続する小額の支出にリフレーミングする価格戦略である。これまでの研究では、時間的リフレーミングをした時、価格をそのまま提示するよりも安く感じ、購入意向が高まると言われていた。しかし「時間」以外のリフレーミングについてはあまり議論されてこなかった。本研究では、「回数」でリフレーミングした時の効果を明らかにする。

研究方法は、アンケート調査、統計ソフトRを用いた分散分析である。

結果は、価格を回数でリフレーミングした時、価格をそのまま提示するよりも購入意向が高かった。また、回数と時間のリフレーミング効果を比較した時、誤解されている感覚は回数的リフレーミングの方が抑えられたが、購入意向については差は見られなかった。

本報告の理論的貢献は、従来「時間」のみで議論されてきたリフレーミングの効果について、新しく「回数」でリフレーミングしても効果が出ることを明らかにした。実践的貢献は、広告表現における新たな価格戦略を提示したことである。
キーワード : 価格戦略 消費者知覚 時間的リフレーミング 回数的リフレーミング


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member