ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
年上のアンバサダーによるSNS投稿は閲覧者の購買意図を高めるか
~企業公認の一般人による発信が閲覧者の購買意思決定プロセスに与える影響~
齋藤 未波
青山学院大学 経営学部マーケティング学科
岸本 真愛美
同上
村上 奈穂
同上
発行 :
報告要旨 :
近年SNS利用率が増加して商品を使用した消費者の投稿が重視される中,企業は商品に愛着を持つ消費者を公認し,アンバサダーとしてSNSでクチコミをしてもらうプロモーションを行なっている。
本研究の目的は,どのような属性をもつ消費者の投稿が閲覧者の商品の購買意思決定により強い影響を与えるかを明らかにすることである。これによって,SNSを通した企業のコミュニケーションにおいて,アンバサダーとして公認するべき消費者属性への示唆を得る。
従来の研究では,発信者と閲覧者の類似性が重要視されていた。それに対して,本研究では,閲覧者よりも年代が上の発信者の投稿は,類似性が高い同年代の発信者よりも,商品の購買意思決定により強く影響を与えるのではないか,と考えた。
本研究では,SNS投稿を用いたシナリオによる実験的方法を用いて,企業からの公認の有無と発信者の年代の違いが,閲覧者の興味関心と購買意図に与える影響に関して,仮説検証を行う。SNSでの発信に適した消費者を明らかにすることで,企業のSNSにおけるコミュニケーションにおいて,どのような属性をもつ発信者の投稿が,閲覧者の購買意思決定プロセスを促進させるかに対する示唆を導く。
キーワード : アンバサダー クチコミ ソーシャル・ネットワーキング・サービス 購買意思決定


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member