ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.11 
パンケーキの盛り付けに対する評価
ラフ集合分析によるアプローチ
滝口 沙也加
宮城大学 食産業学群 助教
清野 誠喜
昭和女子大学 生活科学部 教授
上田 賢悦
秋田県立大学 生物資源科学部 准教授
発行 : 2022年11月11日
報告要旨 :
食品・料理の評価・選択には視覚情報が重要となることから,食品・料理をおいしくみせるための“盛り付け”は大きな役割を果たす。本研究では,嗜好性の高いデザート類であるパンケーキの盛り付けに対する消費者の評価を明らかにする。方法はパンケーキ専門店などでのパンケーキの盛り付けサンプルを収集し,それをもとにしたSD5段階尺度による評価調査を実施し,得られたデータのラフ集合分析を行う。
得られた結果は以下の通りである。「美味しそう」と感じる盛り付けに関する男女の評価の特徴として,男性は立体感のある盛り付けや,味を想像しやすいような彩りがある商品に食欲を感じ,「美味しそう」の評価につながる。女性はボリューム感よりも,皿全体に綺麗に配置された商品に魅力を感じ,「美味しそう」との評価につながる。一方,「高級そう」と感じる盛り付けに関する男女の評価の特徴として,男性はよりデコレーションが少なく,シンプルな印象の盛り付けに対して高級感を感じやすい。女性は高さのある商品と黒い皿の商品に「高級感」を感じる。
キーワード : 盛り付け ラフ集合 消費者評価


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member