ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.11 
『中の人』はどうするべき? ー製品特性による企業アカウントのコミュニケーションスタイル選択ー
東 直樹
法政大学 経営学部 学生
齊藤 響
同上
発行 : 2022年11月11日
報告要旨 :
本研究の目的は,認知的・感情的評価の視点で製品を分類した時,企業がブランド信頼を高めるために,ソーシャルメディア上で文語的なフォーマル型と口語的なインフォーマル型,どちらのコミュニケーションスタイルを採用すべきか明らかにする事である。先行研究では,消費者にとって馴染みのある(ない)企業のアカウントがインフォーマルスタイルを採用するとブランド信頼が高まる(低まる)ことを明らかにした。しかし,個々の製品特性による適切なスタイルには言及していない。消費者の態度形成は,認知(事実)と感情(好み)に基づくものに大別できる。そこで本研究では製品を認知的評価・感情的評価をされる製品に分類し,企業が取るべきスタイルを明らかにする。それを踏まえ大学生を対象に,2種類の製品と2種類のスタイルを提示しブランド信頼への影響を調査した。研究方法は,デプスインタビュー及び実験調査である。結果,認知的評価をされる製品はフォーマル,感情的評価をされる製品はインフォーマルスタイルを採用した際にブランド信頼が高まった。よって,企業は製品特性別に適切なスタイルを採用することでブランド信頼を高めることが出来ると示唆される。
キーワード : 認知 感情 ソーシャルメディア ブランド信頼


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member