ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.11 
消費者の文化的志向に着目したSNSマーケティング
-インフルエンサーのフォロワー数と広告効果の関係性-
玉出 美鈴
立命館大学 経営学部 学生
石田 和
同上
出村 丈
同上
前川 浩輝
同上
丸山 雄大
同上
発行 : 2022年11月11日
報告要旨 :
 近年、企業は自社のマーケティング・コミュニケーションの一つの方法としてSNS上のインフルエンサーを積極的に活用している。SNS上のインフルエンサーの影響力についての研究は急速に増加しているものの、インフルエンサーのPRの効果についてはいまだに研究の余地が大きいと指摘できる。既存研究では、企業は異なる文化的志向を持つ消費者の個人差を考慮することで、効果的な顧客獲得を達成することができると指摘されているが、SNS上のインフルエンサーの効果に関して、消費者の文化的志向を考慮した研究は存在していない。そこで本研究は、消費者の文化的志向に注目して、SNS上のインフルエンサーの広告効果がどのように異なるのかについて調査することを試みる。具体的には、SNS上のインフルエンサーのフォロワーの数が広告効果に大きな影響を及ぼすことが明らかとなっていることから、本研究では、消費者個人の文化的志向の違いを考慮に入れて、インフルエンサーのフォロワーの数の効果がどのように変化するのかを分析する。
キーワード : SNS インフルエンサー・マーケティング 広告効果 文化


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member