ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.11 
SNS投稿に露出した消費者の来店が販売員の心理状態に与える影響
井口 凜太郎
立命館大学 経営学部 学生
河合 美奈
同上
甲村 佳乃
同上
中山 陽悠
同上
山本 菜月
同上
発行 : 2022年11月11日
報告要旨 :
近年,SNSの影響力の拡大に伴い,多くの企業がマーケティングツールの1つとしてSNSを使用するようになった。一部では企業だけではなく,販売員個人も業務の一環としてSNSアカウントを運用するようになり,インフルエンサーによるSNS上での商品紹介も増加している。それにより,SNSで事前に商品情報を調査した上で,実店舗にて商品を購入するというウェブルーミングを行う消費者が増加している。このような消費者の購買行動の変化により消費者の商品選択の意思決定に販売員が携わりにくくなり,販売員の接客の能力が消費者の購買行動に反映されにくくなった。このことは,販売員のモチベーションや自己効力感などの心理状態に影響をもたらす可能性があると考える。しかし,このようなウェブルーミングによってもたらされる変化にどのように対応すべきであるのかは明確にされていない。よって,本研究ではSNS投稿に露出した消費者の来店が販売員の心理状態に与える影響について研究し,学術的示唆を提示すると共に,この問題に対処するための経営的示唆を提示する。
キーワード : ウェブルーミング 販売員の心理状態 SNS投稿


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member