ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.11 
Instagramにおいて「#検索」結果での画像表示順がユーザーに与える影響
-ブランドの印象分析-
山口 真穂
法政大学 経営学部 学生
小野 栞
同上
加藤 地大
同上
平田 愛果
同上
発行 : 2022年11月11日
報告要旨 :
本研究はInstagramにおける#検索結果での表示順がユーザーにどのような印象を与えるかを明らかにするものである。表示順の影響に関しては,Googleにおける検索結果の表示順がブランドの認知と評価に影響を与えていることが明らかになっている(WenyuDou et.al.2010)。一方で近年は若年層を中心に,Instagramによる#検索が利用されている。そこでは主に画像が表示され,視覚的な検索結果の表示が中心となる。こうした視覚情報は,ユーザーに新たな影響を与えるものと想定される。そのため,2つの研究を実施した。第1に#検索を利用するユーザーに対してインタビューによる探索的調査を行った。調査結果より,#検索の表示順が「品質」「流行」「知名度」「認知」「新規性」の5つの要素に影響を与えるという仮説を立てた。 
第2に,架空のレストラン「HOPP2」を題材に,同ブランドが#検索の上に表示された場合と下に表示された場合の2種類を用意し,100人の男女を対象に実験を行い,仮説検定を実施した。
結果,表示順が上の場合は下の場合に比べて「知名度」が低く,「新規性」が高いことが分かった。今後はブランド態度に関する追加分析をし,会場で発表を行う。
キーワード : Instagram ハッシュタグ検索 表示順 ブランディング


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member