ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.11 
デジタル化がマーケティングにもたらす2つの磁力
高木 翔平
ベイカレント・コンサルティング
発行 : 2022年11月11日
報告要旨 :
デジタル化で経済や企業,生活者が大きく変容する潮流の中,マーケティングの変革が求められていることは必然であろう。しかし,このマーケティングDXについて検討するにあたっては,D2Cやメタバース,クリエイターエコノミー,X2Eなどバズワードに目が行きがちで,生活者とマーケティングの本質的な変容や変革について語られることは僅少に思われる。
本研究では,デジタル化が促すマーケティングの変容の主たる方向性を2つの磁力(文脈化(Contextualization)・仮想化(Virtualization))として捉え,マーケットにみられるトレンドをその変容の萌芽として扱い分類・整理する。次に,DX先進企業の事例などを参照しながらこれからのデジタル社会においてマーケティングに求められる変革の幾つかの道筋を導出する。本発表では,SDLの見方がもたらした顧客価値の変化(製品・サービス自体から体験(Experience)へ)の延長の先に見る顧客価値の考え方の変化などを紹介する。
最後に,生活者中心・主権が強まっていく中で,生活者の変容を予見し先駆けて提案を行う次世代の価値共創者として,これからの企業の在り方の提言に繋げる。
キーワード : デジタル DX メタバース 仮想 生活者


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member