ワーキングペーパー

学会員のワーキングペーパーの
閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 ワーキングペーパーVol.1 No.2 
ブランド価値評価に基づく 広告投下水準の決定に関する考察
ブランド価値評価に基づく 広告投下水準の決定に関する考察
春山 稔
ドゥーリン・ドルトン
発行:2015年01月17日
更新:2015年01月19日
分類 : 論文
要約 :
マーケティングにおいて4Psを考える以上に、ブランド価値(あるいはブランド・エクイティ)向上を考えることが年々重要になってきている。
また、昨今のマーケティングの目的はブランド価値(エクイティ)の創造、或いは維持を目指すことに他ならない。無形資産としてのブランドが、企業にとって財務上大きな影響をもたらすからである。つまり、ブランド・マネジメントの重要性が浮上する。
企業はすべてのステークホルダー(投資家、株主、従業員、地域住民など)に応えなければならないし、永続性が追求されるものである。ブランドも同じである。ブランドがあるからこそ企業は存在するのである。その意味においても筆者の研究は無駄ではないと確信する。

では、どういった方法でブランド価値をマネジメントしていくのか。その為のコミュニケーション予算の策定はどのように行うのか。本研究では、先行研究におけるブランド論、ケーススタディを研究し、ブランド価値を創造・維持するためのコミュニケーション予算の策定を研究する。
キーワード : 広告 ROI ブランド
ページ数 : 表紙1 + 本文43
ファイルサイズ : 1832KB


>戻る
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member