ワーキングペーパー

学会員のワーキングペーパーの
閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 ワーキングペーパーVol.4 No.8 
「近きもの悦べば、遠きもの来る」(大日本茶道学会 会長/公益財団法人 三徳庵 理事長 田中 仙堂氏)
連作『マネジメント・インタビュー』
森 泰規
株式会社 博報堂 ブランド・イノベーションデザイン局 コンサルタント
発行:2018年01月09日
更新:2018年01月09日
分類 : コラム
要約 :
平成30年に創立120年を迎える大日本茶道学会は、田中仙樵が、近代における茶道の自己改革運動を促して始めた運動。http://www.santokuan.or.jp/ 
有力な茶道流派となった現在の会長は、創立者の曾孫の田中仙堂氏。氏は、点前の実技を指導されるほかに、茶にまつわるエッセイから、学術的な研究論文まで精力的な執筆活動も展開されているが、その背景には、今里広記さんと作家の井上靖さんが初釜の日に指摘した「自分の立場の矛盾」について考える過程で、「地位ではなく理念を継承する」という結論に至った経過があった。事業理念を結晶化させたミッションステートメントと共にご本人のお話を構造化した。
キーワード : 茶道 事業理念 ミッションステートメント 非営利団体の経営
ページ数 : 表紙1 + 本文16
ファイルサイズ : 1378KB


>戻る
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member