ニュースリリース

嶋口・内田研究会に無料ご招待「デザインはこれからの社会をどう変えるのか」

嶋口・内田研究会に無料ご招待
 
「デザインはこれからの社会をどう変えるのか」
株式会社HAKUHODO DESIGN 代表取締役社長、多摩美術大学 教授 永井 一史 氏
2016年6月28日(火)19:00より
於:社団法人日本マーケティング協会
共催:日本マーケティング学会

 

 現在、マーケティング学会と、嶋口・内田研究会は、学会プログラムとの統合を検討しています。嶋口・内田研究会とは、学会評議員の嶋口充輝氏(慶應義塾大学名誉教授)を中心とし、学会副会長の内田和成氏(早稲田大学商学学術院教授)を代表幹事とし、1984年以来200数十回以上続く、社会人が集う勉強会です。統合に向け、学会員の皆さまを無料で招待いたします。ぜひ、ご参加ください。

 

【テーマ】
「デザインはこれからの社会をどう変えるのか」

 

【ゲスト】
株式会社HAKUHODO DESIGN 代表取締役社長、多摩美術大学 教授 永井 一史 氏
 

 社会や暮らしを良くしていくというデザインの概念自体は変わらないが、社会への浸透とともに、その領域は近年大きく変化している。
 最新のデザインの潮流を、2015年度グッドデザイン賞の受賞作品から読み解く。デザインはこれからの産業と暮らしの形をどのように変えていくのか。デザインが促進する社会変化とは。審査委員長の立場から、来たる社会において特にデザインの貢献が求められる領域「フォーカス・イシュー」の最新事例を取り上げながら、デザインの新たな可能性を解説する。
 また、そのような時代において、企業はデザインとどのように関わっていくべきか。デザインは具体的な商品やサービスだけでなく、企業経営にも活用できる方法論である。長年にわたり多様な企業のブランディングとデザインに関わってきた講師自身のフレームワークを紹介する。

 
<永井氏プロフィール>
アートディレクター/クリエイティブディレクター
株式会社HAKUHODO DESIGN代表取締役社長
多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授
2015・2016年度グッドデザイン賞審査委員長
 
 1985年多摩美術大学美術学部卒業後、博報堂に入社。2003年、デザインによるブランディングの会社HAKUHODO DESIGNを設立。様々な企業・商品や行政施策のブランディング、VIデザイン、プロジェクトデザインを手掛けている。医療・ヘルスケアや地方創生などソーシャル領域での活動も多い。2015年から東京都「東京ブランド」クリエイティブディレクター。クリエイター・オブ・ザ・イヤー、ADC賞グランプリ、毎日デザイン賞など国内外受賞歴多数。
 著書・共著書に『幸せに向かうデザイン』、『エネルギー問題に効くデザイン』、『経営はデザインそのものである』、『博報堂デザインのブランディング』など。

 

【日時】
2016年6月28日(火)19:00-20:30(受付開始18:30~)
 

【場所】
公益社団法人日本マーケティング協会 東京本部
住所:東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F >MAP

 

【参加費】
無料
 

【定員】
先着50名

 

【応募締切】
2016年6月21日(火)

 

【お願い】
*お申込み後、キャンセルはできませんのでご了承ください。

 

参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member