リサーチプロジェクト
研究報告会レポート

第13回女性マーケティング研究報告会レポート「LGBTマーケティングを考える。~LGBT社会動向と新しい市場~」

#いまマーケティングができること

第13回 女性マーケティング研究報告会(オンライン) > 研究会の詳細はこちら
テーマ:LGBTマーケティングを考える。~LGBT社会動向と新しい市場~
ゲストスピーカー:清水 鈴 氏(電通株式会社 電通ダイバーシティ・ラボ コミュニケーション・ストラテジスト)
         近野 太郎 氏(株式会社TBWA HAKUHODO エクスペリエンシャル マーケティングプランナー)
モデレーター:高橋 千枝子(武庫川女子大学 経営学部 教授)
日 程:2021年1月23日(土)14:00 -16:00
場 所:Zoomウェビナーによるオンライン開催
共 催:武庫川女子大学女性活躍総合研究所・男女共同参画室推進室

 
【報告会レポート】
 本報告会は近年ジェンダーレス・ジェンダーフリー、さらにLGBT(セクシュアルマイノリティ)の認知が高まっていることに注目し、LGBTマーケティングに関わるお二人をゲストスピーカーとしてお招きして、LGBTを正しく理解するとともに、LGBTに関わる社会動向、LGBTに関する新しい市場の動きについてお話し頂いた。
 冒頭にLGBTの説明と推定人口を紹介いただき、想像以上に当事者がいることに驚いた。次に企業がLGBTに注目する理由として、世界各国で職場でのLGBT差別禁止や同性婚合法化などが進み、日本ではパワハラ防止法施行により性的指向や性自認への対応が義務となったことから企業の理解・取り組みが始まった。同性パートナーシップ制度が導入される自治体やLGBTを受け入れる女子大学も出てきている。また同性パートナーを配偶者として認める、LGBTの採用受け入れを表明する企業が増加している。企業の狙いとして優秀な人材の確保や企業イメージの強化があるが、マーケットとしてもLGBT市場は注目されている。LGBT市場はレインボー市場と言われ、LGBT当事者消費ではなくLGBT応援消費も含む。LGBTを流行として飛びつくのではなく、多様性を推進する長期ロードマップの一歩として取り組むべきことが最後に示された。
 本報告会は冒頭から随時質疑応答や感想をチャットに書いてもらい、ゲストスピーカーが都度取り上げて回答する形をとった為、オンラインでもインタラクティブな交流が図れた。
 

 
【報告会を終えて】
 本報告会はモデレーターが所属する武庫川女子大学との共催にした為、多数の本学学生が参加した。事前の本学学生への調査結果より想像以上に身近にLGBT当事者が存在すること、LGBT当事者への受容度の高さに驚いた。又、『LGBTを差別してはいけない』という視点ではなく、『LGBTの取り組みが人材確保・企業イメージ強化』につながる、さらには『レインボー市場という新市場』の台頭というプラスの視点でお話を伺えたのはとても新鮮であった。
 
(文責:高橋 千枝子)

 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member