リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第6回<フードビジネス・イノベーション研究会>

【研究報告会】
第6回<フードビジネス・イノベーション研究報告会>
> 研究会の詳細はこちら
*非会員で参加希望の方は、小林(kobayashi@bus.osaka-cu.ac.jp)までご連絡ください。
 

テーマ:「IoFが世界を変える」
講演:「デジタル社会とフードシステム-IoFが世界を変える-」
講師:亀岡 孝治 氏(三重大学大学院 生物資源学研究科 教授、一般社団法人ALFAE 代表理事)
 

 社会が情報化される中で、農業も「精密農業」から「スマート農業」を経て、デジタル社会のキーワードともいうべきIoT、ビックデータ、AI(人工知能)が農作物の栽培現場で活躍する「デジタル農業」に移りつつあります。
 こうした状況の中、海外では、デジタルテクノロジーを軸に食のイノベーションを創出するためのスタートアップ(起業)を支援する「Feeding the Accelerator」プログラムが立ち上がり、新たなコンセプトとして「IoF(Internet of Food)」を提唱し、話題を集めています。
 本報告では、この分野に造詣の深い三重大学の亀岡先生をお迎えし、IoFを中心にデジタル社会が農業を含めフードシステムをどのように変えるのか、それがビジネスにどのようなインパクトを与えるのかお話ししていただく予定です。
 なお、亀岡先生は、大学で教鞭をとるだけでなく、一般社団法人ALFAEを立ち上げ、民間企業と連携して、自らの研究成果の実践に取り組んでおり、研究者のみならず実務家の皆さんにも有意義な研究会になると思います。皆様の参加をお待ちしております。
 

 
<講師プロフィール>
亀岡孝治氏

  • 東京大学大学院農学系研究科博士課程修了(農学博士)。
  • 三重大学生物資源学部助手、助教授を経て現職。
  • 主な研究テーマは、農作物や食品の構造・物性・成分・味覚の研究、光を活用した農作物および食品の品質情報収集技術、食と農のICT・IoT・CPSなど。
  • 日本農業工学会賞および農業情報学会功績賞など受賞歴多数。

 

日時:6月1日(金)18:30-20:30(開場18:00)
場所:学習院大学 東2号館13F 第1会議室
   〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1 > Access Map > Campus Map
共催:大阪市立大学 経営学研究科
 
参加費:無料
定員:60名
応募締切:2018年5月30日(木)
 

【研究会改名のお知らせ】
 フードビジネスは、ICTなどの技術革新やSDGsといった社会的価値意識の高まりにより、大きく変わりつつあります。
 そこで、構造的転換期にあるフードサービスを理論的に考察するとともに、新たなビジネスモデルを構築・実践するための方法を議論するため、昨年度まで活動していたアグリ&アクアフード・マーケティング研究会をフードビジネス・イノベーション研究会に改名し、この度、新たなスタートを切ることにしました。従来の主要研究領域だった第一次産業はもちろんのこと、第二次産業の食品製造業や第三次産業のフードサービス業等も視野に入れ、今世紀型フード・バリューチェーンやフード・バリューネットワークについて、皆様と一緒に考えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

【お願い】
*当日は、サイト掲載の為会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクト企画運営メンバーにお伝えください。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください
 

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member