リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第9回<プレイス・ブランディング研究会>

#いまマーケティングができること

【研究報告会】
第9回<プレイス・ブランディング研究報告会>(オンライン)
 > 研究会の詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 
テーマ:ポストコロナにおける観光再生とDXの可能性

講演者: 村山 慶輔(株式会社やまとごころ代表取締役)
ファシリテーター:若林 宏保(株式会社電通クリエーティブディレクター)

 
【概要】
観光再生:サスティナブルな地域をつくる28のキーワード 第9回目のセミナーでは、(株)やまとごころ代表取締役の村山慶輔氏をゲストに迎えます。国内最大級の観光総合情報サイト「やまとごころ.jp」を運営する村山氏は、国内外の観光地の最新の動きを常に捉えており、インバウンドに関する多数の書籍を書かれている他、セミナーやSNSを通じて積極的に発信されています。今回は昨年に上梓された『観光再生:サスティナブルな地域をつくる28のキーワード』(プレジデント社)より、特にDXに焦点を当て、ポストコロナ時代の観光のあり方はどう変わっていくのか?その中でDXはどのように活用されていくのかについて語って頂きます。その後、質疑応答やディスカッションを通して、観光地のDXとプレイス・ブランディングの未来についても議論していきます。
 

村山慶輔氏【講演者プロフィール】
村山 慶輔(株式会社やまとごころ代表取締役)
兵庫県神戸市出身。米国ウィスコンシン大学マディソン校卒。2000年にアクセンチュア株式会社戦略グループ入社。2006年に同社を退社。2007年より国内最大級のインバウンド観光情報サイト「やまとごころ.jp」を運営。「インバウンドツーリズムを通じて日本を元気にする」をミッションに、内閣府観光戦略実行推進有識者会議メンバー、観光庁最先端観光コンテンツインキュベーター事業委員をはじめ、国や地域の観光政策に携わる。「ワールドビジネスサテライト」「NHKワールド」など国内外のメディアへ出演。著書に『インバウンド対応実践講座』(翔泳社)、『観光再生 サステナブルな地域をつくる28のキーワード 』(プレジデント社)などがある。

 
若林宏保氏【ファシリテータープロフィール】
若林 宏保(株式会社 電通 クリエーティブディレクター)
2007年より、電通地域ブランドプロジェクトabic(アビック)を推進。日本の様々な場所を対象としたブランディング活動を推進し、プレイス・ブランディングに関する手法、実践、知見を結集した電通独自のプラットフォームを確立している。主な著書に、2009年『地域ブランドマネジメント』(共著・有斐閣)、2018年『プレイス・ブランディング―地域から“場所”のブランディングへ―』(有斐閣)がある。

 

【日時】
2021年9月30日(木)19:00-20:30
 

【参加方法】
Zoom
 

【注意事項】
*本報告会は、ビデオ会議システムZoomを利用します。Wi-Fiにつながった、カメラ付きのパソコンやタブレット、スマートフォン等から、ご参加ください。
*すでにZoomアプリをインストールしている場合は、最新版にアップデートしてからご参加ください。
*視聴にあたっては、「イベント申し込み完了メール」のリンクからご参加ください。なお、参加にあたり、Zoomのアカウントは不要です。
*学会員向けの報告会のため、映像や音声の録音は禁止です。また、接続先のリンクを第三者に教えないでください。
*研究会側で、「ビデオの開始(映像オン)」、「音声ミュート」を初期設定しています。なお、ご自身の背景などカメラに映るものに著作権上の問題がないようにご注意ください。
*質問は、適時チャットにコメントください。質疑応答の時間に取り上げます。なお、全て対応できない場合はご容赦ください。
*当日は、サイト掲載のためZoomの様子を画像キャプションする予定です。問題のある方は、「ビデオの停止(映像オフ)」にしてください。なお、前述した著作権上の問題はご注意ください。
*オンライン開催にあたり、運営側が不慣れなためのトラブルや、参加者のインターネット接続、映像・音声等のトラブルには対応できないことを、あらかじめご了解ください。

 

【参加費】
500円
 

【定員】
先着30名
 

【共催】
関西大学総合情報学部徳山研究室
 

【応募締切】
2021年9月30日(木)
 

参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member