マーケティング
ジャーナル

マーケティングジャーナルは、
オープンアクセスジャーナルです。


マーケティングジャーナルについて


 マーケティングジャーナル(MJ)は、日本マーケティング学会が発行する、1981年に創刊された和文のオープンアクセスジャーナルで、オンラインで年4回発行されています。


 本誌は、マーケティング研究・実践の水準を高めるために、マーケティングに関心のある人々に向けて、マーケティングに関する重要かつ独創的な、学術的・実践的示唆に富んだ論文を掲載しています。論文等の種類は、投稿査読論文、特集論文、レビュー論文、マーケティングケース、書評の5種類です。なお、投稿査読論文、特集論文、レビュー論文は査読対象としています。論文は、クリエイティブ・コモンズCC BY-NC-ND(表示―非営利―改変不可)4.0国際ライセンスのもとで提供しています(Vol.41 No.4以降)。


 本誌は、DOAJに収載されています。DOAJは、国際的に認められたオープンアクセスジャーナルのオンライン・ディレクトリ・サービスであり、厳格な審査基準を通過した、高品質な査読付きジャーナルおよびその論文のメタデータを収録しています。
> DOAJでの本誌掲載ページはこちら


DOAJISSN 2188-1669

バックナンバーはこちら

MJ検索

最新号

Vol.42 No.2(2022.09.30)


MJ 2022 AUTUMN 166
スポーツマーケティング
MJ42_2_ALL
  • 冊子すべての閲覧・ダウンロード(学会員限定、要ログイン)
巻頭言 スポーツマーケティング
  • 石淵 順也(シニアエディター / 関西学院大学 商学部 教授)
特集論文 スポーツマーケティングとは何か ― 特異性の考察 ―
  • 藤本 淳也(大阪体育大学 体育学部 教授)
特集論文 ラグビー観戦者のセグメンテーション ― Two-Stepクラスター分析の活用 ―
  • 松岡 宏高(早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授 )・姜 泰安(早稲田大学 スポーツ科学研究センター 招聘研究員)・和田 由佳子(立命館大学 スポーツ健康科学部 専任講師)
特集論文 日本初の女性プロ・サッカーリーグ「WEリーグ」の挑戦 ― パーパス経営を推進する弱い繋がりの強さによるコレクティブ・インパクト ―
  • 大井 義洋(株式会社電通 フットボールビジネス局サッカー 事業室長)
特集論文 スポーツ観戦者の世代別コホート分析 ― ラグビーワールドカップ2019日本大会観戦者調査から ―
  • 西尾 建(山口大学 経済学部 准教授)
レビュー論文 補償的消費研究の整理と今後の研究
  • 速水 建吾(早稲田大学大学院 商学研究科 博士後期課程)
マーケティングケース ― シリーズ157 インターナルブランディングをテコとした不祥事からのビジネスモデルの転換 ― アクサス株式会社 ―
  • 本庄 加代子(東洋学園大学 現代経営学部 准教授)・栗木 契(神戸大学大学院 経営学研究科 教授)
マーケティングケース ― シリーズ158 シェアすること自体を顧客価値にする ― ラクサスの挑戦とその意義 ―
  • 野村 拓也(星槎道都大学 経営学部 助教)・福田 怜生( 亜細亜大学 経営学部 専任講師)
書評 ― シリーズ115 寺﨑新一郎(2021).『多文化社会の消費者認知構造― グローバル化とカントリー・バイアス ―』早稲田大学出版部
  • 評者:髙橋 郁夫(慶應義塾大学 商学部 教授)
撤回
  • 論文取り下げのお知らせ
編集後記
  • 石淵 順也(シニアエディター / 関西学院大学 商学部 教授)
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member