継続・シニア会員制度

学会の継続・シニア会員制度です。

 

日本マーケティング学会継続会員奨励およびシニア会員制度

(目的)
1.本制度は、会員の継続化を奨励、および表彰することを目的とする。
 
(継続会員の定義)
2.継続会員とは、会員期間が途切れることなく継続している者を言う。
 
(継続会員の奨励方法)
3.会員継続期間の長さに基づき、以下の方法で継続会員を奨励する。
①10年目の会員更新を行った継続会員は、10年目の期間中に申し込みを済ませたカンファレンス(懇親会含む)の1回分、および全てのサロンを無料とする。ただし、各イベントの全体の定員数を超えての申し込みはできないので、早めに申し込むこと。
②以降5年経過する毎に、5年目の期間中(つまり15年目、20年目…)に申し込みを済ませたカンファレンス(懇親会含む)の1回分、および全てのサロンの参加費用を無料とする。
 
(シニア会員の定義)
4.継続会員が一定の要件を満たすとき、その会員を「日本マーケティング学会シニア会員」(上級会員)と称し、表彰する。
 
(シニア会員の要件)
5.会員更新時点で継続会員期間が15年目以上、かつ、前会員期間中の年齢が公的年金開始年齢(65歳、以下適応年齢)以上の場合にシニア会員となる。公的年金開始年齢が変更の際は、適応年齢も変更となる。ただし、変更以前にシニア会員となった会員には、適応しない。なお、フェロー会員になった場合は、自動的にシニア会員から、フェロー会員となる。
 
(シニア会員の奨励方法)
6.シニア会員となった以降の会費を5円とする。
 
(権利および資格の失効)
7.会員継続が途切れた場合は、継続会員の権利を失う。また、すでにシニア会員になっている場合は、その資格を失う。なお、ここで言う会員継続が途切れた場合には、会員規定第7条の「クレジットカード情報の不備による会費未納に基づく会員資格の喪失」も含まれる。
 
(適用)
8.なお、本制度は2012年の設立時まで遡って適用する。
 

2018年10月13日 理事会 制定
2019年6月19日 理事会 改定

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member