リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

第5回マーケティング・ツールとしての知的財産研究報告会(春のリサプロ祭り)

第5回マーケティング・ツールとしての知的財産研究報告会(春のリサプロ祭り)

> 研究会の詳細はこちら > 春のリサプロ祭りの詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 
テーマ:貝印が目指す知的財産マネジメント

 

  1. 貝印が目指す知的財産マネジメント
    地曵 慶一(貝印株式会社 執行役員、経営戦略本部 知的財産部長)

 
 近年,マーケティングと知的財産の2つの活動の「連携」さらには「融合」が重要である,という認識が知財部門側を中心として高まりつつある。そのような中,大手日用品メーカーにおいて長年に亘り,知財部門の責任者を務められ,2017年から貝印株式会社の執行役員に着任された地曳慶一氏に,同社の知財活動について解説頂き,マーケティング活動と知財活動の連携,融合について気付きを得たいと考えている。
 貝印株式会社は,本年110周年を迎える企業であり,日本初の国産替刃カミソリを製造するなどカミソリに代表される刃物を中心としつつ、調理用品や化粧道具、衛生用品等も販売するメーカーであり,海外展開も実践している。同社は「知的財産部門」を立ち上げるだけでなく,経営計画にも、知財戦略を埋め込み,まさにマーケティング活動と知的財産活動との連携・融合に実際に挑戦しようとしている。そこで,本セッションでは、その実践内容について紹介頂く。

 

日 時:2019年3月16日(土) 9:00-10:30
    *リサプロ祭り全体では、9:00-18:00になります。
    詳細は、全体プログラムを確認のこと。
 
場 所:青山学院大学 青山キャンパス 17号館3階 17306教室 >MAP
    東京都渋谷区渋谷4丁目4-25
    JR山手線、JR埼京線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線 他「渋谷駅」より徒歩10分、
    東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」より徒歩5分
 

参加費:1,000円(どこかの研究会に参加申請すれば、全ての研究会に参加できますが、
    参加費は申し込まれた研究会の資金となります)
定 員: 先着350名(リサプロ祭り全体の定員)
応募締切:2019年3月14日(木)
 
【お願い】
*当日は、サイト掲載の為会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクト企画運営メンバーにお伝えください。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
 
参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member