リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

第15回医療マーケティング研究報告会(春のリサプロ祭り)

第15回医療マーケティング研究報告会(春のリサプロ祭り)

> 研究会の詳細はこちら > 春のリサプロ祭りの詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 
*このイベントは中止となりました。
> 春のリサプロ祭り中止および、3月末までの学会主催イベントの中止・延期のお知らせ
 
テーマ:患者視点の質指標:患者経験価値(Patient Experience:PX)

 


龍 家圭

青木 拓也
  1. 患者経験価値(Patient Experience:PX)を用いた医療の質評価
    青木 拓也(京都大学大学院医学研究科 医療疫学分野 / 地域医療システム学講座)
  2. 患者データを使用する研究を含めた、人を対象とした医学的研究における倫理的配慮
    龍 家圭(昭和大学 臨床薬理学研究所)

 
 マーケティングにおいて顧客経験(Customer Experience)の概念が注目されて久しいが、医療の世界においてもPatient Centeredness(患者中心性)の重要性の高まりにつれて、患者経験(Patient Experience)の評価や、それに基づく改善が進みつつある。本セッションでは、プライマリケア分野における日本版のPatient Experience評価指標であるJPCATの開発、運用に中心的な役割を果たしている京都大学の青木氏に、Patient Experienceの概念や、広く行われている患者満足度調査との違い、計量心理学的特性が検証された尺度の特徴などについて紹介をいただいく。そのうえで、こういった評価が定着していくことで、医療機関や患者の流れに及ぼす影響について議論を深めたい。
 また、マーケティング分野においても医療機関や患者等を対象とした研究や、企業が製品やサービスを開発するにあたり医療機関等と共同研究を検討することに対する関心の高まりがみられるが、実施にあたり考慮すべき倫理的な配慮について昭和大学臨床研究センターの龍家圭氏よりミニレクチャーをいただく。

 

日 時:2020年3月14日(土)16:30-18:00
    *リサプロ祭り全体では、9:00-18:00になります。
    詳細は、全体プログラムを確認のこと。
 
場 所:青山学院大学 青山キャンパス 2号館2階 220教室 >MAP
    東京都渋谷区渋谷4丁目4-25
    「渋谷駅」より徒歩10分、東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」より徒歩5分
 

参加費:1,000円(どこかの研究会に参加申請すれば、全ての研究会に参加できますが、
    参加費は申し込まれた研究会の資金となります)
定 員: 先着350名(リサプロ祭り全体の定員)
応募締切:2020年3月12日(木)
 
【お願い】
*当日は、サイト掲載の為会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクト企画運営メンバーにお伝えください。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
 

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member