マーケティング・
リサーチプロジェクト

アグリ&アクアフード・マーケティング研究会

【研究目的】
 近年、和食のユネスコ無形遺産登録や海外での日本食ブーム、地方創生手段としての食や農の役割などから、食関連ビジネスが注目を浴びている。しかし、その一方で、農業就業者の高齢化、食の安心安全神話の崩壊、グローバル競争の脅威、食習慣の変化など大きな課題に直面しているのもまた事実である。そこで、本プロジェクトでは、第一次産業の農水畜産業から、第二次産業の食品加工業、そして、第三次産業の食品販売業や飲食業を経て、消費者に至る一連の過程をフード・バリューチェーンとみなし、その最適化を図るための理論構築や制度設計を行うことを目的としている。
 なお、食にかかわる産業は多岐にわたり、存在する課題も多種多様である。そこで、本プロジェクトでは、これら多岐にわたる産業をアグリ&アクアフード・セクターというひとつの部門として捉え、そこに存在する課題を産業横断的かつ統合的に議論することを目指す。現時点で想定している研究テーマは以下の通り(研究の過程で追加の可能性あり)。
 
・アグリ&アクアフード・セクターのマーケティングに関する研究
 (農水畜産業、食品加工業、食品流通業、飲食業、食関連サービス業(情報産業、フードジャーナリズムなど)
・アグリ&アクアフード・セクターのローカルおよびグローバル活動に関する研究
 (地域資産としての食文化活用、食材のグローバル流通、食文化のグローバル化など)
・アグリ&アクアフード・バリューチェーンの研究
 (6次産業化、直売所、温度帯別流通など)
・アグリ&アクアフード・エコシステムの研究
 (食品廃棄問題、循環型流通、地産地消など)

 

【研究方法および研究計画】
 研究方法および研究計画は以下の通り。

  1. アグリ&アクアフード・マーケティング領域の設定
    アグリ&アクアフード・マーケティングが対象とする主な研究領域およびそこへの接近方法に関して議論する。
  2. アグリ&アクアフード・マーケティング課題の共有
    上述した領域における文献研究・事例研究・統計分析等を報告し合うことで、参加者の現状認識を深め情報の共有化を図る。
  3. アグリ&アクアフード・マーケティング理論の構築
    上述した課題に関する議論を通して、フード・バリューチェーンの最適化を図る方法やそれを分析するための概念および理論を構築し、その体系化を図る。
  4. 研究成果の公表
    カンファレンスでの報告、ワーキングペーパーおよびジャーナルへの投稿、書籍化などを通して、本プロジェクトの研究成果を公表する。
  5. アクション・リサーチの実践
    研究成果の報告に止まらす、本プロジェクトで得た示唆を実践の中で検証し、研究成果の実務への適用およびその研究へのフィードバックを試みる。

 

【研究期間】
2015年4月〜2018年3月

 

【リーダー】
小林  哲 大阪市立大学 経営学研究科 准教授

 

【企画運営メンバー】
伊藤 匡美 東京国際大学 商学部 教授
上田 隆穂 学習院大学 経済学部 教授
折笠 俊輔 公益財団法人流通経済研究所 主任研究員
小宮 信彦 株式会社電通 関西支社 エグゼクティブ・コンサルティング・ディレクター
竹内 太郎 日経新聞社 編集局 産業地域研究所 主任研究員
尾藤  環 辻調理師専門学校 コミュニケーション本部企画部 部長

 

【研究報告会の案内】
第5回 2017年6月27日
> 『「秘められた和食史」が語る和食問題』カタジーナ・チフィエルトカ氏(ライデン大学 教授)
 
【研究報告会レポート】
第4回 2017年3月18日(春のリサプロ祭り)
> 「地域産品ブランドと地理的表示(GI: Geographical Indication)」小林哲氏(大阪市立大学経営学研究科 准教授)・折笠俊輔氏(公益財団法人流通経済研究所 主任研究員)
 
第3回 2015年9月25日
> 「ビジネスとしての農業」上原征彦氏(昭和女子大学現代ビジネス研究所 特命教授)、「日本農業の経営課題」齋藤訓之氏(「Food Watch Japan」編集長)
 
第2回 2015年7月31日
>「ぐるなびの食を通した地域活性化支援」宇田川洋平氏(株式会社ぐるなび 大阪営業所 所長)
 
第1回 2015年6月5日
>「6次産業化の現状と課題~問題提起~」折笠俊輔氏(公益財団法人流通経済研究所 主任研究員)

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member