マーケティング・
リサーチプロジェクト

地域創生マーケティング研究会

【研究目的】
 本研究会の目的は、地域・都市ブランド論の視点から、低迷・衰退していると言われる伝統産業の活性化や関連する他の産業との連携強化を模索するだけでなく、さらに新しいビジネスモデルの創出と産業集積化の理論フレームワークを構築することである。例えば「食」と言っても歴史、文化、食材、調理器具、食器、カトラリーなど幅広い関連産業を研究対象にすることによって、新たな地域の伝統産業の見直し、復興、創出という視点がみえてくる。
 中小・中堅企業からなる伝統産業やその集積である地域や都市のブランディングにフォーカスした市場研究を行い、地域創生の方向性を示したい。

 

【研究方法および研究計画】

  1. 研究会を開催し、本プロジェクトの問題意識の共有や課題の抽出を行い、研究課題について研究視角の検討し統一を図る。
  2. 関連するテーマの研究や先行する産官学の取組み事例をもとに、地域創生マーケティングの理論的考察と実務的課題や対応を検討する。研究課題をより明確にするために、特定の産業や産業集積の変化に関わる議論や地域ブランドの特定のテーマ領域に絞った調査研究を試みる。8-9月に企画運営メンバーで対象となる地域や地域産業の視察を行う予定である。
  3. 地域創生マーケティングに関わる実務家・行政関係者と意見交換し理論の体系化を試みる。

 

【研究期間】
2019年4月〜2020年3月

 

【リーダー】
山口 夕妃子 佐賀大学 芸術地域デザイン学部 教授
 

【企画運営メンバー】
天野 恵美子 関東学院大学 経営学部 准教授
井上 真里 日本大学 商学部 准教授   
大田 謙一郎 長崎県立大学 経営学部 准教授    
侯  利娟 九州産業大学 商学部 准教授
陶山 計介 関西大学 商学部 教授
田中  洋 中央大学大学院 戦略経営研究科 教授
武市 三智子 東洋大学 総合情報学部 准教授
西村 順二 甲南大学 経営学部 教授
野田 珠晃 花水木コーポレーション 代表取締役社長
林  優子 名桜大学 国際学群 教授

 

【研究報告会の案内】
第1回 2019年4月27日
> 「地域創生マーケティング研究の方向性と課題」西村順二氏(甲南大学 ビジネスイノベーション研究所長/同 経営学部 教授)・陶山計介氏(一般社団法人ブランド戦略研究所 理事長/関西大学 教授)
 

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member