マーケティング・
リサーチプロジェクト

アジア発のマーケティング研究会

【研究目的】
 本プロジェクトは、アジア地域に特有の市場現象や消費者行動に関して多面的に検証するとともに、ビジネス現場における最新の取り組みを追うことによって、同地域独自のマーケティング理論の構築とその応用方法を検討することを目的とする。
 本プロジェクトのメンバーは、アジアの様々な国や地域からの研究者および実務家により構成されている。メンバーそれぞれが日本、中国本土、台湾、タイなどでマーケティングの理論や実践について意欲的に研究を進めており、それらを報告会で発表し、会員とも積極的に交流していきたい。また、最終的な研究成果としての論文・著書など様々な形で発表する。
 

【研究方法および研究計画】
 本年度は、各メンバーがそれぞれの視点からアジア市場における企業の取り組みや消費者行動について考察していきたい。
 現時点で計画されている研究テーマの例として以下のようなものが挙げられる。
・外国製品の消費と文化の受容
・日本の食材や和食を通じた観光,地域振興の課題
・日本企業の競争力形成と今後の課題〜「食」のシーンを中心に〜
・SNSを用いて消費を楽しむ顧客層について

 

【研究期間】
2015年4月〜2017年3月

 

【リーダー】
金  春姫 成城大学 経済学部 准教授
 

【企画運営メンバー】
古川 一郎 一橋大学大学院 商学研究科 教授
後藤 晋哉 Audi Japan KK, Marketing Communication Div. 戦略企画リサーチスペシャリスト
鎌田 裕美 淑徳大学 経営学部 専任講師
薗部 靖史 東洋大学 社会学部 准教授
上原  渉 一橋大学大学院 商学研究科 准教授
飯島 聡太郎 一橋大学大学院 商学研究科 特任講師
Assarut NUTTAPOL Chulalongkorn Business School, Thailand・Assistant Professor

 

【研究報告会の案内】
次回開催日が決定次第、お知らせします。
 
 
【研究報告会レポート】
第3回 2016年10月31日
> 相良俊行氏(株式会社良品計画カフェ・ミール事業部 海外運営担当課長)「無印良品が展開するカフェレストラン『Cafe&Meal MUJI』とその海外運営について」
 
第2回 2016年9月23日
> 山本健二氏(森永製菓株式会社 監査部調査役)「実効性のあるマーケティング研修の追求」

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member