マーケティング・
リサーチプロジェクト

マーケティング/PR テクノロジー研究会

【研究目的】
 現在、マーケティングとPR との垣根が曖昧になりつつある。そのような中、国内、海外問わず、様々なマーケティング/PR 関連のテクノロジー(ツール)が登場している。新しいテクノロジーを活用する事により、より一層効果のあるマーケティング/PR 活動が行える可能性が広がっている。
 本研究会では、様々なマーケティング/PR テクノロジーの情報や事例を収集し、体系化することを試みる。

 

【研究方法および研究計画】
 まずは、様々なマーケティング/PR テクノロジーに関して有識者の意見をきくととともに、情報を収集する。
 続いてそれらを分類し、マップ化を試みる。(予定分野:コンテンツマネジメントサービス、データ分析、ソーシャルメディア活用プラットフォーム、マーケティングオートメーション、ニュースワイヤー等)
 続いては、それらの活用事例を収集し、実際に関わっている現場の声を聞き、企業規模、業種、業態を考慮した上でまとめる。
 2017 年度に加藤恭子リーダーで実施したマーケティング/PR テクノロジーのリサーチを継続する意図で実施する。

 

【研究期間】
2019年4月〜2020年3月

 

【リーダー】
春木 良且 フェリス女学院大学 国際交流学部
 

【企画運営メンバー】
加藤 恭子 ビーコミ 代表取締役
山中 理恵 ROKT General Manager
藤原 健太郎 株式会社三井住友銀行 リテールIT 戦略部 部長代理
平田 大治 シックス・アパート CTO
 

【研究報告会の案内】
次回開催日が決定次第、お知らせします。

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member