マーケティング・
リサーチプロジェクト

サステナブル・マーケティング研究会

【研究目的】
 ESG(Environment、Social、Governance)投融資やESG経営、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)への対応等、グローバルでの企業経営において、サステナブルに関連するキーワードが注目されている。
 企業経営をサステナブルへシフトしていくことは、企業のレピュテーションや企業ブランドの向上に寄与することになるが、収益や株価等、財務面でのパフォーマンスとの連動は現時点で明確な相関性が示されていない。
 本研究会では、サステナブル経営を進めることは、企業の財務や株価のパフォーマンスを高め、最終的には企業価値を高める要因になることを示す優良事例を抽出する。
 
【研究方法および研究計画】
<2019年>
 サステナブル・マーケティングと財務パフォーマンスの関係性においては、ESG投資とパフォーマンスが高いことなどが徐々に証明されてきている。そこで企業ではIRを中心に統合報告書などが作成されているが、消費者市場向けと投資家向けのメッセージや活動が組織的に分断されているものも多い。
一方、新たなステイクホルダーであるミレニアル世代は、従来のマスメディアや企業サイトではなく、SNSを通じて個々のストーリーを読んでいるのであり、個と個をつなげるサイトデザインがある企業に自然と引き込まれている。
 消費者市場も投資家市場においても、これをつなぐのがトップからの一貫した企業姿勢としてのPurpose発信が重要である。これを根拠にしながら、各部署・各個人がどのようなメッセージを伝えていくか。このコミュニケーション・デザインおよび組織体制のあり方を今年度は追求する。

 

【研究期間】
2018年4月〜2020年3月

 

【リーダー】
青木 茂樹 駒澤大学 経営学部 教授、総合情報センター 所長

 

【企画運営メンバー】
江戸 克栄 県立広島大学大学院 経営管理研究科 教授
原   裕 株式会社 エンゲージメント・ファースト 代表取締役社長
萩谷 衞厚 株式会社 エンゲージメント・ファースト Chief Shared Value Officer
砂川 和雄 キャスレーコンサルティング株式会社 代表取締役社長
加藤  佑 ハーチ株式会社 代表取締役
 

【研究報告会の案内】
第2回 2019年6月21日
> 「ミレニアル世代の視点から考えるソーシャルグッドなPR・コミュニケーションデザイン」青木茂樹(駒澤大学 教授、本研究会リーダー、IDEAS FOR GOOD編集部) 
【研究報告会レポート】
第1回 2018年7月26日
> 「ブランド構築におけるサステナブルブランドの必要性」青木茂樹(駒澤大学)・江戸克栄(県立広島大学)・高橋一朗(西武信用金庫 常務理事 法人推進部長)・原裕(エンゲージメント・ファースト)

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member